DATE2014.02.06

雑記。

ふと文章を書きたくなって、自分の店をウロウロしながらノートを選び始める。
普段方眼紙(たまに無地)を好む僕にとって、なかなか選択肢に入ってこない横罫のノートを手に取り
『なるほど』と一人頷く。
いつも見慣れている狭い店内が、自分もお客さんになると新鮮に見えてくるから不思議。

珍しくこの時間に珈琲を淹れていると、たまたまいらしたお仕事帰りのお客さんに振る舞うことができる
珈琲の手軽さを羨ましく思ったり
今こうしてキーボードを叩いている音も、タイプライターの音だったらどんなに心地よいだろうと思ったり
今日から読み始めた本の、サイズや紙質、インクや字体、色使いやページ表記、もちろん内容も全てがツボで一気に引き込まれてテンションが上がった反面、出だしに書いてあることがかなり図星で、一人で顔を赤らめたり。

そんな珈琲に目覚めさせてくれたトモノウコーヒーさんや
この本の存在を教えてくださったBOOKS&COFFE gosekiさんがすぐご近所にいらっしゃって
珈琲も本も全然詳しくないけど、とりあえずこの方たちに頼ろうって思えるからありがたいです。

とにもかくにも、こうしてまた持ち歩くノートが増え、鞄が重くなる。
・・・あー僕って幸せだなー(笑)

まとまりがなくってすみません。
要は今日は暇だったということです(笑)
雨の中ご来店頂いたみなさま、ありがとうございました!
また明日も皆様のご来店お待ちしております。

CATEGORY

DATE2014.02.05

FIELD NOTES COLD HORIZON.

FIELD NOTESの新作、COLD HORIZONが入荷してきました。
21番目の限定モデルのコンセプトは、冬のアメリカ中西部の黄昏時の空。
3種類の異なる陰影の表紙を並べると、夜の暗闇が徐々に忍び寄る空の風景を表現した美しいグラデーションが描き出されるようになっています。

表紙にはUV加工の施された光沢のある紙が使用されています。
裏表紙は表紙と対照的に白い背景にブルーの文字。
内容は他のフィールドノート同様、持ち主の名前や拾ってくれた方にお礼をするかしないか、このノートの作り方などなど

そして中紙にもCOLD HORIZONならではのこだわりが。
表紙の色に合わせて中紙の色もそれぞれ異なってきます。
ライトグリーン・ライトブルー・クールグレーの3種類。
なかなか違いがわかりにくいとは思いますが、こういった細部のこだわりが使う気持ちを上げてくれます。

裏側も美しいです。
他のフィールドノートと合わせて是非ご覧になってみてくださいね。


FIELD NOTES COLD HORIZON(3P)
SIZE:90×140×40(mm)
PRICE:1,260yen

CATEGORY

DATE2014.02.04

クリップ新入荷&カラーノート再入荷。

DURABLE社のペーパークリップ、入荷しました。詳細はまた改めてご紹介します。
セントロペンの水性ですが水に強い0.1mmサインペンと、ユニパペルのカラーノートも再入荷してます。どちらも¥210とお手頃ですが使い勝手バツグンです。

CATEGORY
pageTop