DATE2014.08.23

万年筆のおはなし~店主編~

最近は以前にも増して、万年筆をお求めになる方が増えてきた気がします。
ウチでも万年筆の話題が続いたり、色々質問を受けたり、僕なりに思う事もあるので
前回のスタッフAのブログに続き、専門家でもないですので『僕なり』の万年筆についてのことを今回は書いてみたいと思います。

文房具屋なのにどうなの?って思われそうなので先に言っておきますが
僕は正直なところ、モンブランとかウォーターマンとか、数万円もするような万年筆を使ったことがありません。
いつか使う日が来るのかなーとは思うのですが、今のところまだその辺のを使いたいと思ったことが無いのです。
というのもまだまだペーペーな私なので、文房具は永遠に手軽で気持ちを上げてくれる存在であって欲しいと思っているのです。
もちろんスペシャルな一品やなかなか手が届かないものを手に入れた時には格別な喜びがありますけど!

店主がそんな考えの内は、なかなか高価な万年筆が店頭で推されるは無いんでしょうけど
現状プレイズストアでは万年筆はドイツのLAMYしか置いてません。
何故LAMYかというと、
見た目がカッコよくて可愛くて、時に美しいデザイン。
他と比べる必要なんてありませんが、個人的にはすごく書きやすい。
初めての人にも『使ってみよう!』と思える価格。
だからです。

なので、僕が考える万年筆を選ぶ基準は・・・

一、思わず使いたくなるようなデザイン(見た目)
二、書くのが楽しみになるような書き味(自分好みの書き味かどうか)
三、納得いく価格(商品と値段のバランス)

こうやって書き出してみると、何も万年筆じゃなくても、他の筆記具でも、他のお買い物でも
きっとみなさんこういう基準でお買い物するのではないでしょうか。

そう考えると、何も万年筆って特別な道具ではないんです。
万年筆を使う事が日々の暮らしの中で普通になってきたら尚更。
だから、ボールペンやシャープペンシルや鉛筆とおんなじように、気軽に使って頂けたらなーというのが本音です。

もちろん手に入れたら何か大人になったような気分になるし、書く時に背筋がピッと伸びて気持ちが引き締まったり、字が上手に見えたり、他の筆記具にはない魅力もたくさんあると思います。
何より気持ちを伝えるにはもってこいの筆記具だと思います。手紙を書く時なんかには是非使って頂きたい。

良い意味で特別だけど、あまり特別扱いし過ぎるのも何か変だし
サッと取り出して、サラサラ〜って使ってる姿が何か良いなーと思っています。
先ずは気軽に万年筆の魅力に触れて頂けたらなと思って日々提案しています。

とはいえ何千円かはするものだし、後悔の無い選択をして頂きたいので
あまりしっくりきていない中で『買います!』って言われても、『もうちょっと色んなの見てみられては?』と簡単に売ってくれない頑固オヤジがウチには居ます。

プレイズストアでは今の所LAMYの万年筆しか取扱いがありませんので、もしよろしければ程近い大手門のリンデカルトナージュさんにも行かれてみてください。
PILOTやパーカーなどいろんな万年筆を気持ちの良い景色を見ながら体験することができますよ!
ちょっと大人の雰囲気の万年筆やすんごい滑らかな書き味の万年筆など、ウチには無いものがたくさんあります。
ぜひ色んな万年筆を体験してみて、お気に入りの一本を見つけてみてください。
(写真はリンデさんの絶好のロケーションでお試し書きを楽しんでる僕です笑 素晴らしい空間ですよ!)

こちらは店主が万年筆デビューを果たしたLAMY nexx.コイツからどんどん万年筆の魅力にハマって行ったんですよねー。
LAMYでも中々無いポップでカジュアルなデザインと、左利きの方や変な握り方の人でも書きやすい丸っこいペン先が特徴です。初めて使われる方には本当にオススメの一本。
ぜひ気軽にお試し書きしてみてくださいね。
色々と長々と書いてしまいましたが、本当に見て触って書いて頂くのが一番!

色んなペン先の太さで書いてみたくなったり、色んな色のインクで書いてみたくなったり、楽しみがたくさん詰まった万年筆。
気負わずに、ぜひ日々の暮らしの中に取り入れていきましょう!
なんつって。

CATEGORY

DATE2014.08.22

男気Mさん。

見るからに無愛想でガラが悪い。
ちょっと怖いなこの人・・・
でもどこかで見た事がある。

恐る恐る話しかけたら、やっぱり昔働いてた某インテリアショップの先輩Mさんでした。
僕の知り合いの中でも一二を争う男気のある先輩。

知ってて会いに来てくださるのももちろんすごく嬉しいんですけど
『お前何でここにおるん!』ってなる再会はなんとも言えない喜びがあります。
そういう先輩に褒められるともう本当に嬉しくて、男って単純なもんですよねほんと。

『マジこれやべーね!』
って散々盛り上がって、万年筆を一緒にアレコレ悩んで、僕はもちろん一番男気のあるモノのポイントを熱くオススメするわけですが
『お前俺の好みよう分かっとうね!』
って褒められつつ、気分よくコレに決定!なんてなるかと思いきや
アミダクジまでやって、散々悩んだ結果、いきなり『コレが一番やばくね!?』って。

こうやって一緒にあれやこれや盛り上がって悩む時間って本当に愉しいもんです。
女性のみなさんにあまり熱く語ると引かれそうなんで、いつもは結構控えめにしてるつもりなんですが
もしよかったら女性のみなさんも熱く選びましょう笑

男気Mさん、ちょっと丸くなってて僕はちょっと寂しかったですけど、久しぶりにお会い出来て最高に嬉しかったです。

次はこの辺の男気アイテムを提案してみようと企んでいます。

CATEGORY

DATE2014.08.21

ブルー×イエロー&MEMO-GEN再入荷。

ずっと使ってみたかった明るいイエローとブルーのインクを仕入れてみました。
黄色で書くことなんて滅多にないでしょうし、白い紙に書いたら文字があんまり目立たないんでしょうけど、黄色で書いてみたくて仕方なかったのです。
実際に使ってみると、この気付くか気付くか気付かれないかくらいのさりげなさがたまらなく気に入りました。

合わせてMEMO-GEN(原稿用紙のメモ)もイエローとブルーを仕入れてみました。
他にも色あるのですが、ウチでやるなら黄色と青かなーって。
並んでる姿もたまりません。

ノート類に関して言うと、なにも青と黄色が好きだから選んでいるわけではありません。
罫線が黄色と青っていうのは、さりげない存在感で、文字を引き立たせてくれるから個人的に罫線にはもってこいの色だと思っています。
もちろんよく用いられるグレーの罫線は言う事ないですし最高に使いやすいのですが。
そこからちょっとテンションが上がるのが黄色と青の線だと思っています。

MEMO-GENの仲間のPOKE-GENも再入荷してます。
カバー付きなので持ち運びなどに便利ですよ。

ToDoリストとしてもどうぞ!

CATEGORY
pageTop