DATE2014.02.18

楚々 和綴じ帳、再入荷してます。

楚々 五十崎和紙の和綴じ帳、再入荷しました。
和紙の産地、愛媛県内子町五十崎(いかざき)地区の職人さんの手で一枚一枚丁寧に漉かれた和紙。
活版印刷で施された罫線は、蛍光色でありながら上品な印象に仕上がっています。

和紙独特のふんわりとした書き心地。
じっとペンを付けるとジワ〜っとインクが広がっていきます。
万年筆での書き味を気にされる方も多いですが、極細字のペン先でなければ個人的にはスムーズに筆が進みます。
写真はLAMYのsafari万年筆、ペン先Fで書いてます。

元々は、平安時代からつくられていたといわれる和綴じ製本を、気軽に楽しめないかと考えて作られたのがこの和綴じ帳。
切り離しできるミシン目が入っているので、一筆箋や便箋として
店主は『ここぞ!』ってときに使ってます。
是非みなさんも一度使ってみてください。

CATEGORY
pageTop